三魅一体

一体
 夏の水辺を彩る花の代表といえば睡蓮(スイレン)と蓮(ハス)ではないでしょうか。
睡蓮の花言葉は<清純な心>など。エジプト、バングラデシュ、タイでは<国花>。
特にエジプトでは<太陽のシンボル>とされ、神聖な存在であり、<ナイルの花嫁>
とも呼ばれている。
 睡蓮は近辺には撮るところがない(蓮は近辺に撮るところがある)ので掛川まで飛んだ。
睡蓮は目を見張る綺麗さに撮ることさえ忘れるほど。「綺麗な写真は誰でも撮れる。
シャッターを押すな!」と言い聞かせ、水面の花影を重点に切り撮る被写体を探す。
水面下の汚れをかくし、花影を強調するために(葉との重なりはこれ以上は避けれなかった。)
絞り気味にし、ピントは影の花の下に合わせた。
綺麗な三連睡蓮<魅る。魅れ。魅ろ。>
8月のポストカード・・・霊峰富士写真倶楽部「鈴木(芳)」撮影
d0294539_1044911.jpg

[PR]
by hujireihou | 2013-08-03 08:00 | Comments(0)


<< 水辺の遊歩道 悦びの視線 >>